PCMAXの熟女(36歳)が童顔すぎた

PCMAXの熟女

36歳の独身女がPCMAXのプロフでこんな風に書いてたらみなさんはどう思います?

「天然っぽい所があり童顔でたまにJKに間違われちゃいます」

三十路後半の売れ残り熟女がな~に寝言いってやがるんだ、あっ?

実際俺もそう思ってましたwでも今自分はこの熟女とLINEをしています。なぜかって?それは、

すぐやらせてくれるオンナだからですww

PCMAXの熟女に一発やりたいと言ってみた

PCMAXで即日LINE交換してはみたものの童顔ベビーフェイスにそこまで魅力は感じないしなにより36歳っていう年齢が一番の気がかりでした。

だからついつい対応も雑になってしまい…

のっけから下ネタ全開フルスロットルでぶっ飛ばしてます(笑)

別に会えなくてもいいやーと思っていたのでブロックされるのを覚悟でとどめに究極のサイテー発言をしてみました。

「優子と一発やりたい!」

ネタじゃなくガチで言いましたwもう返事はないだろうなー。しかしこれで終わりじゃなかったんです。

「なんか男らしいね♪いつやるの?笑」

「今でしょ!!wまあリアルに言うなら明日やりたい」

「明日かー夜なら時間あるけど^^」

ウソだろ!?冗談で言ったつもりがまさかの急展開w「ヤラセロ」の言葉に男気を感じたとかお股ゆるゆるすぎだろww

PCMAXは30代の人妻が会いやすいけど、独身でもエロかった。

童顔熟女を抱いてきます

わりきり目的じゃない普通の子でもこんなにすぐやらせてくれる女がいたとは…PCMAXにいる熟女は一味も二味も違いますなぁw

会っていきなりやっちまうのは初めてではないですが(←初じゃないんかいw)どっちにしろラブホに連れ込む術を考えなくていいっていうのはたすかります♪

さて、すぐやらせてくれる童顔熟女とはいったいどんなオンナなのか?それを明日ラブホにてたっぷり検証してみたいとおもいます^^

あらわれたのは童顔な美魔女だった

今回の待ち合わせ集合時間は21時半です。

「あっ、優子?めっちゃかわいいやん^^」

「またまたw思ったより普通な人で安心した♪」

ちょwwどんなヤツだと思われてたんだ俺はwまあいきなり、やらせろとか言うヤツに警戒心を抱かない方がおかしいもんな(笑)

相手の子はどう見ても20代前半にしか見えない幼な顔!何度チラ見しても36歳には見えませんでした。おまけに150ちょいの低身長だったので妖艶な熟女というよりはかわいい美魔女って感じでしたね。

さんざん童顔アピールしていたくせに蓋を開けてみたら「シワだらけのばばあが来ました!」っていうオチは回避することができました(笑)

軽く飲んでから予定通りラブホへイン

元々、セックスすることは決まっていましたがいきなりラブホへ行くのもナンセンスだと思ったのでまずは居酒屋で軽く1、2杯飲むことに。

「俺のことヤバいやつだと思ってた?」

「うん、ちょっとは思ったw」

「やっぱりww」

「でも欲に正直なところが逆にいいなって(笑)」

相変わらず自分に好意的な気持ちを持ってくれていることを確認できたので「そろそろいこうか?」と居酒屋を後にして街へと歩き出しました。

「外は人多いねぇー」

「そうだね。じゃあ静かなとこにいこっか?」

「あっ、やっぱり行くんだねw」

「そりゃあ、もちろん、ね?(笑)」

ここまで来て手ぶらで帰れるハズがなかろう!(笑)そして、このまま歩いて近くのラブホへなだれこみました。

感度のいい美熟女と即日やれたw

PCMAXの熟女とセックス

ラブホ到着後、シャワーを浴びベッドでくつろぎながらいいムードになったところで軽く口づけを交わし互いの乳首をそれぞれコリコリ。見た目は幼いのになかなかいい乳してやがる…最低でもCカップはあるとみたw

流れでパンティーの中に手を突っ込んでみたら…キスして乳首を触っただけなのにもうぐっちょぐちょwwこんなに濡れ濡れな女をそのまま放置できるわけもなく生でハメてからの外出しでフィニッシュさせていただきました。

PCMAXで女を口説く際には下心を丸出しにしてはいけない!という固定観念があったのですが、実際そこまで堅く考える必要もないのかもですね。相手によっては「すぐやらせろ」的な超肉食モードで強引に攻めるのもアリかもしれない。

PCMAXブログ管理人のおすすめ

PCMAX は会員数が1500万人を突破し運営が18年続いている人気の出会い系です。

\ 無料で1分で登録ができる /

PCMAXを見てみる

今なら1000円分のポイント付き(女性は無料)

無料で会うことも可能ですが登録二日以内のポイント購入がお得です。

エッチな出会いだけでなく彼女も作れます。

質問がありましたら問い合わせからご連絡ください。

-PCMAXブログ

© 2021 PCMAXのブログ